Blog

日本のブランド豚「ちゃーみーとん」

2019.10.17

Café&Meal MUJIでは、秋メニューとして茶美豚(ちゃーみーとん)をつかった「ゆで豚と菊菜の香味サラダ」を楽しんでいただけます。

茶美豚は緑茶に含まれている、「カテキン」やトウモロコシ、サツマイモ、大麦等が入った飼料を与えて大切に大切に肥育されている鹿児島発祥のブランド豚です。
自然に近い環境でストレスなく育てているため、上質な赤身とクセのない脂、しっかりしたお肉なのにとても柔らかいので食べやすくおいしい豚肉。
確かな旨味を感じることができる豚肉です。

「茶美豚」のおいしさの秘密
その1 指定産地で丁寧に育てています。
毎日1頭1頭の鳴き声や顔つき、動きなどを見ていつもと違う豚はいないか確認し、こまめに体調を管理し育てることがおいしい豚肉を生産できるヒミツです。
その2 飼料にこだわっています。
飼料にカテキンを加えているので豚肉本来の臭みを抑えることに成功!このお茶の成分を入れることから「茶美豚」と呼ばれています。
その3 加工から出荷までも万全です。
徹底した衛生管理・履歴管理・品質管理。肉のおいしさを落とさないために素早く加工し出荷しています。

そんな、こだわりの「茶美豚」を塩ゆでにし余分な脂を落として、香りの強い菊菜とあわせでサラダに仕あげました。

菊菜は地域によって呼び名の変わる「春菊」。
サラダで食べる菊菜は苦みもマイルドなので、茶美豚とも相性がよいです。
梅味噌ドレッシングで仕あげているので、さっぱりとお召し上がりいただけます。
ぜひ、お近くのCafé&Meal MUJIにお立ち寄りください。

一覧に戻る