Blog

シェフとつくるおいしいレシピ
新じゃがと芽キャベツのアンチョビガーリック炒め

2022.2.23

今回は「新じゃがと芽キャベツのアンチョビガーリック炒め」を、Café&Meal MUJIの二瓶シェフがご紹介します。
旬の食材の中でも、皮まで美味しい新じゃがを使った、オリジナルの簡単レシピです。

■材料
オリーブオイル  大さじ1
にんにく  1片(つぶしておく)
新じゃがいも(中サイズ)  4個
芽キャベツ  4個
ベーコン  40g
バター  4g
アンチョビ  3g

■作り方
① 新じゃがをよく洗い泥を落とし、水を大さじ1、新じゃがを耐熱容器に入れて

0223 アンチョビガーリック①

600Wの電子レンジで6分加熱する。電子レンジから取り出して6分休ませる。
電子レンジから取り出して温めた時間分だけ休ませて、半分にカットする。

② 芽キャベツをよく洗い、汚れている葉の部分を落とし、お尻の部分を数ミリ程度落とす。
1分程下茹でをして半分にカットする。

0223 アンチョビガーリック②

③ ライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火でにんにくがキツネ色になるまで加熱し、ベーコンを加えさっと炒める。
④ ③に①と②を加え弱火で炒め、焼き色が付いたら、バター、アンチョビを加え中火にしバターが溶け全体に絡んだら完成。
※塩味が足りなければ、塩をお好みで加える。

0223 アンチョビガーリック③

■シェフのアドバイス
・芽キャベツは、キャベツに変えても美味しく仕上がります。
・残ったアンチョビはバターと合わせアンチョビバターを作ると、万能調味料になります。

【アンチョビバターレシピ】
バター 100g
アンチョビ(みじん切り) 50g(残った分を使用、量はお好みで)
にんにく(すりおろし) 1片 

① 常温に戻したバターに、アンチョビ、にんにくを加えよく混ぜ合わせる。
② 筒状にラップで包んで、冷蔵庫で冷やし固める。
※パンに塗ったり、パスタソースとして楽しめます。

今回レシピを教えてくれたのは
二瓶シェフ

web0310_6

イタリアンレストランでシェフを経験した後、Café&Meal MUJI 渋谷西武店に勤務。現在は京都BAL店で季節ごとに変わるデリやデザートを作っています。
「自宅で野菜類やハーブ類をプランター・水耕栽培で育てています。最近、自家製パンチェッタ(塩漬け豚)を作りました。
自家製の加工肉を使用して、パスタの具材やおつまみ作りにハマっています。」

一覧に戻る